キチョウ(ミナミキチョウ)

《学名》
 
Eurema hecabe
《分布(記録のある沖縄県の島)》
 キチョウとしての記録;硫黄鳥島、伊是名島、伊平屋島、野甫島、水納島(本部町)、瀬底島、伊江島、古宇利島、屋我地島、沖縄本島、浜比嘉島、宮城島(うるま市)、伊計島、平安座島、藪地島、浮原島、南浮原島、津堅島、久高島、奥武島(南城市)、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、慶留間島、外地島、安室島、粟国島、渡名喜島、久米島、奥武島(久米島町)、オーハ島、北大東島、南大東島、宮古島、池間島、大神島、来間島、伊良部島、下地島、多良間島、水納島(多良間村)、石垣島、竹富島、小浜島、黒島、新城島、鳩間島、西表島、外離島、波照間島、与那国島。
《成虫の生態・写真解説》
 
成虫の生態写真は特記のない場合は全て新田智撮影、未発表も含む。以下のようにキャプション▲の色によって成虫の生態行動、および天敵を分けています。必要なものは解説も入れます。なお、吸蜜植物で未同定のものは園芸種などとしています。これらの未同定植物名がお分かりの方、また明らかに誤りである(植物名・天敵名)場合はご指摘頂きたく、お願いします。
【吸蜜・吸水】印です。
『撮影メモ』♂吸水、吸蜜植物(アフリカホウセンカ、キバナニワゼキショウ、コスモス、セイヨウタンポポ、センダングサ類、タイワンレンギョウ、テンニンギク、ニガウリ、リュウキュウコスミレ)。
【交尾・求愛】印です。
『撮影メモ』写真の他に数例を観察。
【成虫のその他の生態】印です。
『撮影メモ』集団睡眠。
【天敵】印です。
『撮影メモ』ホシスジオニグモ、オオジョロウグモ。

♂吸水 うるま市 2018年4月11日 ♀(センダングサ類の花で吸蜜)うるま市 2018年4月11日 ♂(タイワンレンギョウの花で吸蜜)うるま市 2015年7月11日 1頭(コスモスの花で吸蜜)大宜味村 2013年4月15日(新田敦子)
♀(キバナニワゼキショウの花で吸蜜)北中城村 2011年5月7日 ♀(リュウキュウコスミレの花で吸蜜)北中城村 2011年5月7日 ♀(テンニンギクの花で吸蜜)うるま市川田 2009年12月6日 1頭(セイヨウタンポポの花で吸蜜)うるま市 2009年1月11日(新田敦子)
   
♀(アフリカホウセンカの花で吸蜜)名護市 2019年8月11日 ♂(ニガウリの花で吸蜜)名護市 2019年8月11日    
♀(ホシスジオニグモに捕食される)うるま市 2011年11月30日 ♀(オオジョロウグモに捕食される)沖縄島 2010年10月12日 交尾ミナミキチョウ 沖縄島 2007年7月20日 睡眠体勢ミナミキチョウ 沖縄島 2006年5月27日
《変異・異常型》
【標本写真】蝶研フィールドに報告されたものを中心にアップしています。多くの方々から標本写真の掲載についてご快諾いただきました。ご協力頂きました皆様へ感謝申し上げます。まだまだ、新たなご投稿もお待ちしています。個体変異の参考になれば幸いです。
クリックしてね→本種標本写真へ
【生態写真】生態写真で見る変異です。主に、新田智が撮影したものです。
クリックしてね→本種生態写真で見る変異へ。
《産卵〜幼生期》
産卵〜幼生期までを紹介しています。野外での母蝶の産卵、その卵、幼虫、蛹、羽化シーンをまとめる予定です。撮影できしだい随時更新します。主に、新田智が撮影したものです。
クリックしてね→本種沖縄蝶類幼生期図鑑へ
食草》
 アカサヤネム、アメリカツノクサネム、エダウチクサネム(アメリカクサネム)、ウマゴヤシ、オオゴチョウ、オカミズオジギソウ、ガランピネムチャ、カワラケツメイギンネム(産卵のみ)、クサネム、コバノセンナ、コメツブウマゴヤシ、シイノキカズラ、シナガワハギ、ジャワセンナ(ピンクシャワー)、シロツメクサ、センナ・スルフレア、ソウシジュ(産卵のみ)、タイワンコマツナギ、タガヤサン、ナンテンカズラ、ナンバンコマツナギ(産卵は確認するが育たないようだ)、ナンバンサイカチ、ハギカズラ、ハナセンナ、ハネセンナ、ハブソウ、ハマセンナ、ビルマネム、フタホセンナ、マルバタケハギ、ムラサキウマゴヤシ、モクセンナ、ヤハズソウ、リュウキュウカワラケツメイ、リュウキュウクサネム、レインボーシャワー。
《文献覚え書き
【2020年度発行文献より】

 異種間交尾(キタキチョウ♀×ミナミキチョウ♂)石垣島平久保 2019年5月17日、浜祥明「キタキチョウとミナミキチョウの交尾を目撃」、季刊ゆずりは 85;58-59
.

【2019年度発行文献より】

 前翅縁毛が黄色、小型のミナミキチョウ1♀(ツノクサネムで発生)石垣島崎枝 2019年10月11日、浜祥明「沖縄県産蝶類の研究9」、季刊ゆずりは 84;13-16
.

【2019年度発行文献より】

 沖縄県で記録された蝶類と食草についてまとめる(島嶼別蝶類分布一覧表あり)比嘉正一・長嶺邦雄、改訂・沖縄県の蝶ー記録された島と食草ー;2-182.(沖縄昆虫同好会)
.
【2018年度発行文献より】
 南浮原島で確認、新田智・新田敦子「特集;離島大好き編(2003年〜2017年)」、ありんくりん通信 特別号(2018);1-8.

【2013年度発行文献より】
 沖縄県の蝶・記録された島と食草(沖縄昆虫同好会)
.
【1998年度発行文献より

 キチョウ;平安座島 藤田清和「与勝諸島で採集した蝶」蝶研フィールド13(5):24
《参考資料》
【参考文献】本種に関する蝶研フィールドについて(数字は通巻号数)
 大池崇資 キチョウの異常型 14
 手塚浩 キチョウ雌雄型を採集 19
 長谷川順一 キチョウの斑紋異常 24
 伊藤ふくお キチョウ 34
 長谷川順一 キチョウの季節型と日長および温度 35
 松田敏生 キチョウ雌雄型の採集 38
 村井敏男 キチョウの雌雄型2連発! 42
 三谷晃良 キチョウの完全雌雄型 44
 伊藤ふくお キチョウ―越冬前の行動 46
 伊藤ふくお 越冬中のキチョウ 46
 山本知己 キチョウの白化異常型 55
 奥且彦 キチョウの同列転換 56
 大西公一 キチョウの食草としてのネコハギ 62
 藤原孝夫 キチョウの性モザイク個体の採集例 74
 岡田正哉 キチョウの性モザイク個体 74
 大西公一 住宅地でのキチョウの越冬2例 75
 岡田正哉 キチョウの異常個体4例 83
 影山雄三 キチョウの性モザイク 83
 山本哲也 越冬からさめたキチウ 95
 新田智 右半分白化のキチョウを採集 95
 蔵田耕一 キチョウの雌雄型を採集 104
 手塚浩 キチョウの異常型 111
 法西浩 キチョウの黒化異常型 113
 田中洋 与論島でキチョウの新食樹クロイゲを確認 150
 加藤義臣 与那国島と西表島に温帯性キチョウは生息するのか 165
 松野宏 2系統“キチョウ”の形態的差異について 172
 林悦子 ミモザを食べるキチョウ幼虫 177
 北村敏彦 キチョウの異常型を採集 179
 手塚浩 キチョウの斑紋異常 194
 伊藤寿 キビノクロウメモドキでキチョウ幼虫を採集 196
 浜祥明・無量井忠吉 石垣島の温帯系キチョウについて 203
 岡田正哉 与論島で得たキチョウの黒化個体 211
 法西浩 キチョウ秋型が秋に産卵 215
 竹内 尚徳 寒冷地におけるキチョウ幼虫の遅い記録 224
 足立慎一・浜祥明 沖縄県八重山郡・離島のキチョウ類 229
 加藤義臣 キチョウとキタキチョウ 233
 松野宏 亜熱帯型“キチョウ”Eurema hecabeの和名について 235
 加藤義臣・平野翔 石垣島においてクローバーを食べるキチョウを発見 244
 足立慎一・浜祥明 沖縄県八重山郡離島のキチョウ類(2) 250
 岡村元昭 キチョウの異常個体を採集 257・258